うにこと楽しい日常

ブリティッシュショートヘアのうにこさんと日常でちょっと使えるコト、大好きなディズニーの事など、ゆる〜く幅広〜く投稿していきます!

マンスリーログの書き方!バレットジャーナルの書き方③

 

バレットジャーナルのすすめシリーズ、第3弾の今回はマンスリーログの書き方をご紹介します!

 

f:id:unipen1008:20181103195421j:image

 

マンスリーログでは、1ヶ月のスケジュールやタクスを整理します。

さらに、私はちょっとした家計簿や、欲しいものリストとしても活用しています。

 

では、さっそくマンスリーログの書き方をご紹介します!

 

 

①タイトルをつける

f:id:unipen1008:20181103211444j:image

 

タイトルは、枠外のせま〜〜いスペースに書いています笑

該当月を左上に記入したら、「Monthly Log」とタイトルをつけます。

 

 

②スケジュールを書く

f:id:unipen1008:20181103201842j:image

 

マンスリーログ、もちろん見開きで使います!左側のページに、日付と曜日を入れていきます。この時、仕事の日は緑のマーカーで印をつけています。(私は水・木曜日がお休みなので、金曜日〜火曜日に印をつけています。)

1週間をひとつのサイクルとして生活しているので、色分けするとサイクルごとのスケジュールが把握しやすくなります。

ちなみに、緑はこの後紹介するウィークリーログでも使用する色。どちらも週ごとの管理をするのに使っているので、緑色で揃えています。

 

日付が書けたら、フューチャーログを参考にしながらタスクを記入します。

 

 

③右側のページを作る

f:id:unipen1008:20181103203052j:image

 

右側のページは、メモとして使っています。

私の場合、

 

  1. 月末の口座管理
  2. 欲しいものリスト:買ったものリスト
  3. 読みたい本、観たい映画リスト:読んだ本、観た映画リスト
  4. なんでもメモ

 

と、ページを分割して使っています。

 

『1.月末の口座管理』

複雑な口座管理をここひとつで完結させることができるようにしています。

左のスペースには毎月固定の口座管理(お金を移動させる日を決める事により、振込み忘れ等を防ぎます)、右にはクレジットカードの支払い額や、家賃等の引き落とし額をメモ。

毎月の金銭管理に関わることをまとめて書き留めておくことにより、支払い漏れがないよう管理するのに役立っています。

 

『2.欲しいもの、買ったものリスト』

自分のお小遣い管理。

「今月出費が多かったから、この服欲しいけど来月まで我慢しよう」等々、お金の使いすぎを防ぎます!

 

『③読みたい本、観たい映画リスト』

読書や映画鑑賞が好きなのですが……「読みたい本あったんだけど、なんて題名だったかな〜?」という事が多いので作りました笑

作者の名前も書いておくと、書店や図書館で探しやすい!(映画も作品名と監督の両方書いておくと、いざという時頼りになります!)

また、「読んだ本」や「観た映画」を書き残しておくことにより、自分の記録になります。後から見直し「そういえばこんな本読んだっけ〜面白かったな〜」などと思い出し、結構楽しいです笑

こちらも、作者や監督を書いておくと、「この本面白かったから、おんなじ作者の本を読んでみよう」という時に役立ちます!

 

『④なんでもメモ』

文字通りなんでもメモです笑

「常に覚えておく必要はないけど、どこかに書き留めておきたい」……

そんなことをメモするスペースとして使うのが便利。

 

マンスリーログ、右側のページはかなり自由度が高いので、なかなか「これだ!」という書き方に落ち着かない……

「口座管理のスペースをもっと多くしたいな〜」などなど、まだまだ改良の余地があります!

 

 

④ページ数を書く

マンスリーログができたら、フューチャーログ同様、隅っこにページ数を記入。ノートの冒頭に作った、「目次(インデックス)」にもページ数を書き記します。

 

 

⑤タスクの管理

こちらもフューチャーログ同様。

タスクが終われば「・」を「×」に書き直して完了。

新しくタスクやスケジュールが増えたら、その都度記入していきます。

 

 

⑥1ヶ月ごとに作り直す

「マンスリー」ログなので、もちろん1ヶ月ごと作り直します。

月末になったら、新しいページを開き、翌月のマンスリーログを作ります。

 

今月のマンスリーログを見直し、

 

  • 終わってないタスクは行う予定の日に書き写し、
  • やる必要がないと判断したタスクは横線で消す。……

 

この繰り返しです。

タスクをひとつひとつ確認しながら、新しいマンスリーログを作る。これにより、タスクのやり忘れを防ぎます。

 

 

さて、マンスリーログの書き方をご紹介してきました。

改めて見ると、マンスリーログは他のログに比べ、プライベートなメモや覚書に使うことが多いみたい。

自由度も高いので、今後もどんどん変化しそうな予感。

どんなマンスリーログになっていくのか、私自身も楽しみです♫

 

次回は自信作!ウィークリーログ&ディリーログの書き方をご紹介!!!

お楽しみに〜!